自費施術

急性のケガ以外の痛み、症状、障害は自費での診療となります。

 

基本的には手技療法がメインで行っております。

 

問診(カウンセリング)の際に症状・患者様の要望・施術者による検査によって納得のいく施術法を行っていきます。

詳しくは施術の流れをご覧ください。

また内容のところにわかりやすくするためにマッサージと表記していますが一般的なゴリゴリ筋繊維を壊すようなマッサージではなく、筋肉と筋肉の間を剥がすような手技となります。

料金はココをクリック

局所集中&根本治療 適応疾患、局所施術 根本治療
スポーツ障害 投球障害、ランニング障害、疲労骨折などスポーツにおける痛み・障害で起きている器質的変化(局所の異常)

肘の靭帯損傷、肩関節唇損傷、腱板損傷、シンスプリント、オスグッド病、股関節痛、膝蓋靭帯炎、足底腱膜炎など

内容 超音波治療(LIPUS,ultrasound)やアイシング、鍼灸を使い局所の消炎鎮痛、組織の回復を早める施術

障害が起きた箇所になぜ負担が強くかかってしまったか?

体全体の機能を診ていき、機能が低下している関節・筋肉の機能を回復させる為に、全身を整える整体。

慢性腰痛、ヘルニア、狭窄症など

ただ単にほぐすのではなく解剖学、機能解剖学、生活パターンを考慮して行います。

内容 筋膜リリース、ストレッチ、関節運動

内臓疾患からくる痛みを除き、腰が痛くなるのはどこかに機能していない部分がある為に

腰に負担がかかりすぎているからです。

その部分を探し出し機能を回復させることで腰の負担をなくし根本的に治療します。

原因例:姿勢、術創の癒着、股関節の機能低下など

首・肩 肩こり、ヘルニア、むち打ち後遺症など

ただ単にほぐすのではなく解剖学、機能解剖学、生活パターンを考慮して行います。

内容 筋膜リリース、ストレッチ、関節運動

血圧や胆石、呼吸器疾患を除き、肩こり、首痛の原因はほとんどが不良姿勢です。

原因例:骨盤の後傾、猫背、

神経痛 坐骨神経痛、胸郭出口症候群、顔面神経麻痺、手根管症候群など 神経痛は根本的な原因の施術を行わなければ回復しにくい疾患です。
下半身の疲労 筋肉痛、疲労、むくみなど

内容 マッサージ、筋膜リリース、ストレッチ、関節のストレッチ。

その他の痛み バネ指、腱鞘炎、五十肩、慢性股関節炎、変形性膝関節症、足関節不安定症、など

 

 

学生ケア 健康保険が適応外である筋肉疲労や肩・肘のケア、リハビリなど
鍼灸治療 詳しくはコチラ
美容鍼 詳しくはコチラ