胃潰瘍・十二指腸潰瘍の鍼灸

まずは胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因、簡単な生理、治療薬を知ることは重要だと考えています。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍は粘膜がおもに胃酸によって傷つけられ、組織がはがれてしまう病気です。合わせて消化性潰瘍とも呼ばれています。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の比較

胃潰瘍 十二指腸潰瘍
原因 防御因子の低下 攻撃因子(胃酸)過多
好発年齢 中高年 20〜30代

潰瘍が発生する確実なメカニズムはしっかり解明はしていませんが、一般的に言われているのが てんびん説で

攻撃因子と防御因子のバランスが崩れた時に発症します。

攻撃因子 > 防御因子

攻撃因子 胃酸、ピロリ菌の出す毒素
防御因子 胃粘液

もう一つの原因に非ステロイド系鎮痛薬が胃粘膜の保護の機能を低下させてしまうことがあります。

ロキソニンなどはプロドラッグになりますので、胃の中での作用はなく腸で吸収されてからの体内で代謝されるため

胃の中のプロスタグランジンを直接阻害することはないため胃腸障害は軽減はされていますが、人によっては胃腸障害がでます。

症状 みぞおちの痛み(十二指腸潰瘍は夜間に痛くなることが多い、

胸焼け(十二指腸潰瘍で多い)

吐血、下血(黒いタール便)

背部痛、口臭

改善

改善するには攻撃因子抑制、防御因子増強、ピロリ菌除去

攻撃因子抑制 抗コリン、抗ガストリン、H2拮抗、プロトンポンプ阻害、抗ペプシン
防御因子増強 被覆粘膜保護、肉芽組織促進作用、粘液増量、胃粘膜血流増加

プロスタグランジン作用

ピロリ菌除去 除菌療法



薬の種類からもわかるように、攻撃因子の抑制には、副交感の抑制とも取れるものが効果を示します。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因にストレスもありますが、一般的にストレスを受ければ交感神経が緊張すると言われています。

ここからが重要ですが、交感神経が緊張すると胃酸の分泌が多くなるか?答えはNOです。

なぜなら脳相では胃酸分泌は迷走神経を介して分泌されるからです。

美味しいものを見たり空腹時にいい匂いを嗅いだりすると胃液、胃の運動が活発になります。

脳相での胃液の分泌はかなり重要な要素と考えています。

作用(胃液分泌の割合)
脳相 迷走神経(15%)
胃相

胃に入った物の物理的刺激、科学的刺激(80%)

腸相 十二指腸で腸壁に糖質や脂肪が触れるとセクレチン、胃抑制ペプチド分泌

 

 

ではストレスで交感神経が緊張していれば胃液の分泌が少なくなってむしろ胃潰瘍になりにくいんじゃないの??という疑問が出てくるはずです。

なんども色んなところで言っていますが、自律神経というものは

交感神経=興奮=悪者 副交感神経=リラックス=正義

のような簡単な図式に当てはめて言われすぎです。説明としては簡単ですが、明らかに間違いです。

痛みの悪循環などで 痛み→交感神経優位→血管収縮→血行不良→発痛物質発生→痛み→交感神経

上記のような場合は悪循環をどこかでブロックすることが重要であるため、鍼灸によって副交感神経優位・血管拡張を促します。

ただ、精神ストレスによって乱れた自律神経は、文字通り乱れてます。

優位とかの話ではなく、乱れてるという状態ですので、on-offのスイッチがうまく機能しない状態です。

当院では胃潰瘍・十二指腸潰瘍・NUD : Non-Ulcer Dyspepsia(潰瘍のない消化不良)では大きく症状から2つのパターンに分けています。

交感神経型

ストレス→交感神経に傾く→胃粘膜への血流悪化→胃の蠕動運動低下、胃液分泌減少→胃壁粘膜弱まる→症状出現

症状 胃もたれ・腹部膨満感・食欲低下、不眠、盗汗(寝汗)

副交感神経型

ストレス→副交感神経に傾く→胃酸分泌増→攻撃因子が上回り胃壁が荒れる→症状出現→悪化で潰瘍

症状 胸焼け・胃痛・呑酸・やる気、活力の低下・軽度うつ傾向、自汗(じっとしていて汗が出る)

交感神経型から副交感神経型になる場合もありますし、複合しているような場合もあります。

治療する時の患者さんの状態がどちらかで、配穴が変わるはずです。

ストレスを受ければ交感神経が緊張しているだけではありません。うまく切り替えが行われなくなるのです。

基本的にストレッサーがなくなれば解決・治癒しますが、まれに自律神経のスイッチがうまく治ってない場合があり、

それらから身体の不調で出て、その不調がストレッサーになりNUDや慢性胃炎、胃・十二指腸潰瘍を繰り返す方がおられます。

そういった場合は

動きやすい日中・眠たくなる夜・目が覚めない睡眠・食欲を出す

これらの生理的な状態になるようにしなければなりません。

・運動

・日光浴

・よく笑う

この三つが自分ででき、効果の高い方法です。

当然鍼灸による身体に対する刺激によって好転方向に持って行くことも可能です。その際はぜひ相談ください。

当院の鍼灸